心地よい刺激が全身に響きます。ほぐれたカラダ、感じてみませんか?

カラダの腰痛

姿勢で形が変わります  

普段何気なくとっている姿勢が実は・・・  

リラックスしてイスに腰掛けている時にはたぶんあなたの背骨は横から見るとCの形をしています。休憩しているときにはその姿勢でもいいのですが、一日中その姿勢だとしたら大変です!

人のカラダは普段使う分の筋肉量しか維持しようとしません。使っていない筋肉はだんだん衰えたり、固くなったりしてしまうのです。  

あなたを悩ませるCの形  

背骨がCの形のままで生活を送っていると物を持ったり、歩いたりしている時の衝撃が部分的に集中してしまいます。

どこに力が掛かるかによって痛める場所が決まってきます。プラスチックのものさしを床につけて上から力を加えるのをイメージしてみるのがいいかもしれません。  

Sの形の働き  

背骨がSの形をしている時というのは背中が伸びた状態のことです。いわゆる、いい姿勢と呼ばれる状態です。

慣れないうちには、この姿勢をずっとキープしているのは結構きついかもしれませんが、楽に手を動かせたり、スイスイ歩いたりできるので動いている時にはこちらのほうが楽なのです。
S字の形がバネのような役割をしていて衝撃をうまく吸収してくれるからです。  

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional