心地よい刺激が全身に響きます。ほぐれたカラダ、感じてみませんか?

ココロの腰痛

カラダを酷使していないのに、なんだかダルイあなたへ  

思考は物なんです。  

ダウザーと呼ばれる人達を知っていますか?振り子や棒などの道具を使って、感覚で何かを探すことができる人達です。探すことができるものは、地下にある水脈、鉱脈から無くした物まで色々です。

ある実験で、部屋の中のある場所である形をイメージしてもらったら、ダウザーの人はなんとその場所と形を当ててしまいました。強くイメージしたり考えたものは、目には見えないけれども、何か物のように存在してしまうのです。  

重ーい思い。  

なぜか考えているだけなのに、なんだかダルくなったり、ズーンと重くなったりすることを経験したことはありますか?

例えば、悩み事であったり、あー嫌だと思ったりした時にそのような感じになったことがあるかもしれません。もしそうだとしたらその時あなたの中に何か目に見えないものを溜め込んでいるかも。

こういうことを言うとなんだか不気味な感じをさせてしまったかもしれませんが、大丈夫です。悩みが解決したりすると自然とスッキリします。あと、笑ったりするのもいいです。一度は経験したことはあると思います。  

でも、ずっと笑っていられませんが?  

らくになる鍵は姿勢にあります。ただ背中を伸ばすだけでいいのです。

悩んでいるときや動きたくないなぁと思っている時には決まって背中が丸まっています。考える人のポーズです。この姿勢は自然に目線が下に行くので気分が乗らないものです。下を向いて、あースッキリしたなんてことはまずないですよね?

なぜ、背中を伸ばすといいのかというと、まず、姿勢が良くなるとカラダを楽に動かすことができます。例えば、背中を丸めたまま、よっこらしょっと立ち上がるよりも、背中を伸ばしたほうがラクに立ち上がれます。

次に、背中を伸ばすと、考えるよりもなんだか動きたくなってしまうからです。悩みが解決するのは実際、何か行動した時です。

いい考えが浮かぶのも、散歩したり、何か別なことで気分転換をしている時の方が多いですし、笑ってスッキリするのも横隔膜が動いて、自然とお腹をマッサージしているからなのです。  

それでもダメなあなたへ  

もしかしたらカラダが硬くなりすぎているのかもしれません。ストレッチ等をして自分でカラダをほぐしてみてください。

でも、ある程度硬くなってしまうと何もしたくなくなってしまいます。姿勢を固めてだるくなる状態をキープしてしまうのです。こうなってしまうと、自力で行うにはかなりハードになってしまうので、誰か他の人にほぐしてもらうのをおススメします。  

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional